愛国心 -日本の在り方-

愛国心を持たねば日本に未来はない。
戦後統治のコントロールに惑わされず本当の日本人の姿を取り戻しましょう。
<< 志は高く、熱く燃える | main | 教育 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - | - | -
強者か弱者か
 人間の価値観には

この2つしかない

全ての人間がそうとは言わないが

多くの人間がそうである

また

極限の状態に追い込まれたなら

ほとんどの人間がそうなる

それは歴史が証明している

子供でも

大人でも

学校でも

会社でも

強者と弱者に別れ

差別するもの、されるもの

搾取するもの、されるもの

2つに別れている

いくら奇麗事を言っても

尤もらしい正論を振りかざしても

人間とは

そういうものである

そうでないものが極少数いたとしても

大多数がそうである以上

人間はそういう生き物と分類するべきだろう

なら

搾取されるものにならない為には

強くならなければならない

強いものの傘に入ったとしても

その強いものが全てを懸けて守ってくれるわけではない

結局は

自分自身が強くないといけない

個人であれ国家であれ

同じ事だ

不安定な平和を

当たり前に享受せず

常に最悪の事態も想定して

議論、行動しなければならない

今はそんな時代である
| j-aikokushin | - | 18:21 | comments(0) | trackbacks(0) | - | -
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 18:21 | - | - | - | -









http://j-aikokushin.jugem.jp/trackback/12
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

このページの先頭へ