愛国心 -日本の在り方-

愛国心を持たねば日本に未来はない。
戦後統治のコントロールに惑わされず本当の日本人の姿を取り戻しましょう。
<< 国旗、国歌について | main | 他国 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - | - | -
戦争と武装
武装=戦争

という考えが世の中に蔓延っている


それは全く一方的な思考の植え付けである


何故武装することが戦争に即つながるのか?

そういった考えでは「自衛」という言葉が全く無用になる


武装=戦争という意見を主張する人間は非暴力主義者なのだろうか?


違うと思う

そこまで深く掘り下げずに正義漢ぶって意見を言っているだけの人間が多い


私は、自分の信念として非暴力主義を持つ人間には尊敬を抱く


ガンジーは言っている

「私は臆病と暴力のどちらかを選ばなければならないのであれば暴力を薦める。しかし非暴力は暴力よりもすぐれており、許しは罰よりも、さらに雄雄しい勇気と力がいる」


しかしこの現代の日本で非暴力を主張する人間の多くは「臆病」や「無責任」なだけである


「戦争反対だから武装するのは反対だ!」

「ではどこかの国が攻めてきたら?」

多くは「攻めてこないだろう」「アメリカに助けてもらおう」

といった事を答えるだろう


結局、今戦争反対で武装する事の反対と言っている人の多くは何事の深く考えていないただの偽善者なのである

真に信念を持って非暴力を主張している人間は少ないだろう


この様な意見を書くと

「お前は戦争賛成か!」

と言われそうだが、もちろんそうではない


私は

「議論の場で核武装をする意見、軍事力を強化する意見を頭から否定する事は間違っている」

そう思っているだけだ


核を持つ事の平和維持、軍事力を強化する事によっての他国への牽制という効力も無視は出来ないだろう


世界は奇麗事で動いているわけではない

いつ何時どんな事態に陥るかはわからない

そんな時、最終的に頼りになるのは悲しい事だが「お金」と「力」だろう


そういった事実も冷静に受け止めた上で

「軍事力を強化するべきか否か」
「核武装するべきか否か」
「アメリカとの距離、中国との距離をどう保つか」

そういった事をちゃんと議論していかなければならないだろう


一つ言える事は

今の日本には

軍事力を持たない弱者の選択肢しかないという事だ
| j-aikokushin | - | 12:49 | comments(0) | trackbacks(0) | - | -
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 12:49 | - | - | - | -









http://j-aikokushin.jugem.jp/trackback/3
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>

このページの先頭へ