愛国心 -日本の在り方-

愛国心を持たねば日本に未来はない。
戦後統治のコントロールに惑わされず本当の日本人の姿を取り戻しましょう。
<< 無所属(反ソ決死隊) 深作清次郎 候補 | main | 信じるものは自分の目と耳 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - | - | -
靖国参拝
 今年8月15日

全閣僚が靖国を参拝しなかった


国を代表する人間達が

昔、国の為に戦って亡くなった霊を参らずに

諸外国の機嫌を気にしている


この様な事で国の未来はどうなるのか?


確かに先の戦争で様々な国の様々な人達に

多大な損害を与えた


それはわかっている


しかし戦争とはそういう事で

正義の国ぶっているアメリカだってどれだけえげつない事をしているか

靖国問題で文句を言ってくる中国、韓国だって

戦争の際には人を殺している

中国にいたっては戦争がない時でさえ国内で弾圧を行っている


戦争とは起こった時点でどちらも加害者で被害者だ(その割合が一方的な場合もあるが)


そして正義がどちらにあるかではなく

勝ったほうが正義なのだ


日本は戦争に負けた

なので損害を与えた国々に謝罪を求められるのは仕方のない事だ


靖国に眠る英霊達も被害国からすれば怨むべき存在であろう


しかし、日本国民だけは

この日本の為に戦って亡くなった人達に哀悼を捧げるべきだ

そこには国際法や他の国から見た正義など必要はない

日本人としての感情だけで充分だろう


他の国にガタガタ言われる筋合いはない

別に戦争を賛美しているわけでも

戦争行為を肯定しているわけでもない

この日本の為に戦って亡くなった人達に

どうにもならない時代の流れに飲み込まれて亡くなった人達に

哀悼の気持ちを持って祈りを捧げるだけだ

日本人が日本人の戦没者を祭らなければ

日本の戦没者は世界中の誰からも祈られず感謝もされず

ただ悪として死んでいった、そんな霊になってしまう


戦敗国であろうと

色々な国に被害を与えてしまった過去があっても

日本人だけは日本人の戦没者を祭るべきだ

それが国家の、民族のあるべき姿だと


私は思う
| j-aikokushin | - | 15:01 | comments(0) | trackbacks(0) | - | -
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 15:01 | - | - | - | -









http://j-aikokushin.jugem.jp/trackback/8
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>

このページの先頭へ