愛国心 -日本の在り方-

愛国心を持たねば日本に未来はない。
戦後統治のコントロールに惑わされず本当の日本人の姿を取り戻しましょう。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - | - | -
意図的に植えつけられた観念から脱却せよ
戦後の日本は

戦勝国によって植えつけられた観念に支配されている


それまでの日本を支えていた思想が否定され

アメリカから植えつけられた考え方が

あたかも正しいかのように蔓延している


だがもう一度考えて欲しい

本当に戦前の日本は間違っていたのか?


確かに太平洋戦争は無謀で

軍部の過信と暴走という側面もあったかもしれない


しかし

日清戦争、日露戦争においては

小国、後進国と思われていた日本が

世界の大国を相手に見事勝利している

それは運もあるが

明治維新以降の日本人の

弛まぬ努力と勤勉さ、そして精神性の賜物だろう


その世界を驚嘆させた

日本人の長所、美点を全て否定する事は

とてつもない損失である


まず学校では正しい歴史を教えて欲しい

そして戦前教育の汚点とされている

「教育勅語」を

もう一度冷静に見直して欲しい


決して戦争賛美や

天皇陛下の為に死ぬ事を推奨しているものではない


人として生きるうえで

何よりも大切な事を教えてくれている


それこそが今の日本が最も見失っているものではないだろうか?



12の徳目 

  1. 親に孝養をつくそう(孝行)
  2. 兄弟・姉妹は仲良くしよう(友愛)
  3. 夫婦はいつも仲むつまじくしよう(夫婦の和)
  4. 友だちはお互いに信じあって付き合おう(朋友の信)
  5. 自分の言動をつつしもう(謙遜)
  6. 広く全ての人に愛の手をさしのべよう(博愛)
  7. 勉学に励み職業を身につけよう(修業習学)
  8. 知識を養い才能を伸ばそう(知能啓発)
  9. 人格の向上につとめよう(徳器成就)
  10. 広く世の人々や社会のためになる仕事に励もう(公益世務)
  11. 法律や規則を守り社会の秩序に従おう(遵法)
  12. 正しい勇気をもって国のため真心を尽くそう(義勇)
| j-aikokushin | - | 14:05 | comments(0) | trackbacks(0) | - | -
他国
 最近は

インターネット上で

特定の他国をあからさまに批判した書き込みが溢れている

その中にはあきらかに理屈が通らない

差別的発言もしばしばある


それは愛国心のある行動のように見えるかもしれない


だが

本質的には全く違う


インターネットという匿名の空間で

誰にもばれないのをいい事に

人を傷つけて喜んだり

ストレス発散したりしている

弱虫達の囀りである


愛国の本質とは

他国批判ではない


本当に自分や自国に自信があれば

そんな弱虫の行動には出ない


例えば他国のインターネット上で

日本の悪口が溢れているとする

だからこちらもやり返す

そんな思想ではどうしようもない


他国がどうであろうが

我々は我国日本に自信と誇りをもって行動すればよい


表面上だけの見せ掛けの愛国心など

必要ない
| j-aikokushin | - | 13:00 | comments(0) | trackbacks(0) | - | -
戦争と武装
武装=戦争

という考えが世の中に蔓延っている


それは全く一方的な思考の植え付けである


何故武装することが戦争に即つながるのか?

そういった考えでは「自衛」という言葉が全く無用になる


武装=戦争という意見を主張する人間は非暴力主義者なのだろうか?


違うと思う

そこまで深く掘り下げずに正義漢ぶって意見を言っているだけの人間が多い


私は、自分の信念として非暴力主義を持つ人間には尊敬を抱く


ガンジーは言っている

「私は臆病と暴力のどちらかを選ばなければならないのであれば暴力を薦める。しかし非暴力は暴力よりもすぐれており、許しは罰よりも、さらに雄雄しい勇気と力がいる」


しかしこの現代の日本で非暴力を主張する人間の多くは「臆病」や「無責任」なだけである


「戦争反対だから武装するのは反対だ!」

「ではどこかの国が攻めてきたら?」

多くは「攻めてこないだろう」「アメリカに助けてもらおう」

といった事を答えるだろう


結局、今戦争反対で武装する事の反対と言っている人の多くは何事の深く考えていないただの偽善者なのである

真に信念を持って非暴力を主張している人間は少ないだろう


この様な意見を書くと

「お前は戦争賛成か!」

と言われそうだが、もちろんそうではない


私は

「議論の場で核武装をする意見、軍事力を強化する意見を頭から否定する事は間違っている」

そう思っているだけだ


核を持つ事の平和維持、軍事力を強化する事によっての他国への牽制という効力も無視は出来ないだろう


世界は奇麗事で動いているわけではない

いつ何時どんな事態に陥るかはわからない

そんな時、最終的に頼りになるのは悲しい事だが「お金」と「力」だろう


そういった事実も冷静に受け止めた上で

「軍事力を強化するべきか否か」
「核武装するべきか否か」
「アメリカとの距離、中国との距離をどう保つか」

そういった事をちゃんと議論していかなければならないだろう


一つ言える事は

今の日本には

軍事力を持たない弱者の選択肢しかないという事だ
| j-aikokushin | - | 12:49 | comments(0) | trackbacks(0) | - | -
国旗、国歌について
 昨今

学校行事などで国旗掲揚、国歌斉唱に反発する教員がいるが

私的意見を言わせてもらうなら

それなら教員を辞めればいい


まず

日本国民の税金で飯を食っておきながら反対する

その神経を疑う


そんな教員に「校則を守れ」など言われても

まずお前が文部省、学習指導要領に従え

と言い返したくなる


そんなに嫌なら日本を出るか

「反国家」「国家改革」を打ち出して

そういう私立学校を作ったうえで反対すればいい


公務員の身分で国旗掲揚、国歌斉唱を反対するなど

親の金で飯を食っているのに親に暴力を振るうのと

同じ行動だと言わせてもらう


世界中を見回しても

国旗掲揚、国歌斉唱に反発する国家など

極少数だろう


私の意見に対して

反対派は言うだろう

「お前は戦争を美化するのか?」「軍国主義に戻りたいか?」


まず、何故国旗掲揚、国歌斉唱が軍国主義に結ぶつくか


戦前の日本に反省点はあるだろう

軍部の暴走によって国民、他国に取り返しのつかない傷をつけたのも事実だ

しかし過去は過去として真摯に受け止めつつ

未来に進んでいく事が大事なのではないか?


一部の事例、一部の期間の暴走だけで

明治以降の日本の全てを否定するのは馬鹿げている


アジア全土がヨーロッパ列強によって植民地化される中

それに抵抗し、独立を貫いた先人達の努力、戦いを否定するなど

戦後統治でアメリカにマインドコントロールされた浅はかな人間の考えることである


歴史と言うものは

一部を抜き出して評価するのではなく

全体を見て考えるべきだ


日本の歴史に誇りを持てない人間が

日本で子供達を教育していると考えると

この国の未来が不安になる


現代の日本には

「教育改革」よりも「教員改革」の方が

大事なのではないか?
| j-aikokushin | - | 13:40 | comments(0) | trackbacks(0) | - | -
はじめに
真に生きるという事は

真実を探求し、何者にも惑わされずしっかりとした信念を持つということ


戦後のこの日本は本当の歴史ある日本国ではなく

戦後統治によって作られた日本国である


1000年以上前から

先祖代々受け継がれてきた日本人の本質は薄れ

アメリカによって生み出された日本人が溢れるようになった


このままでは本来の日本は永遠に失われてしまう


それではいけない


今この時期こそが最後のチャンスだ


全国民は

テレビ、新聞、ラジオ、教育機関(特に日教組)が絶対なのではなく

真実はもっと掘り下げたところにある事に気がつかなくてはならない


現代において真実を知るには自らが動いて調べなければならない

溢れる情報を享受するだけでは真実に行き着けない


このブログはそんな現代の日本人に警鐘をならすものである


偉そうな事を述べている私も

まだまだ未熟ではあるが

何もしないで待つべきではなく

本来の日本の姿を少しでも伝えねばならないと思い

このブログを始めるにいたった


私もこのブログを通じ

日本の歴史を再検証し

これからの日本の在り方を模索していこうと思う


名前も顔も知らない誰かが

もしこのブログを見て

そういったことを真剣に考えるようになってくれれば幸いである
| j-aikokushin | - | 20:29 | comments(0) | trackbacks(0) | - | -
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

このページの先頭へ